私たちの暮らす社会

2017年1月13日

私たちの暮している資本主義社会

私たちは、まず私たちの暮している社会について知らなければなりません。

私たちの暮すこの資本主義は弱肉強食の世界です。企業は、コストを削減、ノルマを課して、利潤を追求しようとします。これは、特別なことではなく、企業は存続するためにありとあらゆることをすることが宿命なのです。

さらに、資本主義社会は、原則、自由取引の許された社会です。どんな商品をいつ、誰に、いくらで売り買いをしても良いのです。

つまり、労働者が生活の糧とする「労働力」を保護しないと、コスト削減、自由競争の枠の中に組み込まれ、労働力は際限なく安く買い叩かれてしまいます。実際、産業革命時のイギリスでは、労働力の価格を不当に談合するものであると組合活動を禁止していました。

0001146