「働くルール」を守ること

2014年5月30日
「働くルール」を守ること


 

働く者ひとり一人の労働条件に基準がなかったらどうでしょうか?

使用者の考え一つで個々の賃金や労働条件が違うといういびつな職場環境だったり、常に使用者の顔色をうかがいながら働かなければならないかもしれません。

そういうことがないように

労働組合は、使用者との長い闘いを経て8時間労働や最低賃金など一定の「働くルール(社会基準)」をつくってきました。「働くルール」が、法制化しているために、新入職員も現役世代も安心して働いてきました。

しかし、労働者を取り巻く情勢は厳しくなる一方で、この冠たる経済大国・日本において、残業第未払い、名ばかり管理職、派遣切りなど労働者への非人道的扱いが後を絶ちません。

人ごとのようですが人ごとではありません。

総労働者の賃金労働条件の低下は、確実に自分の身に降りかかってきます。

今、労働時間と賃金をリンクさせない働き方が検討されはじめました。労働者派遣法の時も「多様な働き方を可能にする」という美辞麗句の下に労働法規の規制緩和が推し進められましたが、本当の目的は、企業により有利な雇用形態の実現、人件費の低廉化にありました。

労働組合のチカラは数です。
権利も行使しないと形骸化してしまいます。
官民にこだわることなく
同じ労働者として認め合う労働組合が
社会に存在することが「働くルール」を守ることに
つながるはずです。

     
       
       







0002238